2013年10月10日

メンズコートの素材の違いについて

メンズファッションの「アストラカン」は巻き毛状の毛玉を特徴とした厚手の生地です。「モケット」はもとは椅子カバーや電車のシートカバーなどに用いられる毛足の長い織物の一種です。「ローデン」はアルプスのチロル地方原産で、ローデンコートで知られています。「カバート」は霜降り調を特徴とした綾織りの生地のことをいいます。。
高級なコートには獣毛及び獣毛混素材が多く用いられることになります。
「アイリッシュフリーズ」は伝統的なオーバーコート地の一つで、全体的にモコモコとした感じが特徴となります。「イリジアン」はフランスを原産とする紡毛地で、波状に現れた毛羽が特徴です。「カビグ」はフランスのブルターニュ地方を原産とする厚手のウール地で、ダッフルコート同様の感触になります。
posted by マリ at 07:09| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。